映画『軍艦島』、真実と虚構の「二兎」を追った結果…

2017/07/23 06:09

拡大する

 「この端島鉱業所はお前ら朝鮮人たちを過小評価しない」  地獄への道は往々にして善意で装われている。1940年から45年まで多くの朝鮮人が強制徴用された長崎県の南西にある島・端島。日本海軍の軍艦に似ていることから「軍艦島」と呼ばれた同島の日本人炭鉱所長は、強制徴用された朝鮮人をこのようにおだてた。26日公開の映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の最初のシーンだ。その実態は、背中が曲がるまで労働力

続き読む

アクセスランキングもっと見る